« 明日PowerMacG4が引き取られます | Main | 柔道は感動するけど、競泳はそうでもないのはなぜだろう? »

August 17, 2004

世界を変えたソフトウェアとハードウェア その1

 〜すべてはiTunesから始まった〜

今から3年半前にさかのぼりますが、2001年1月にアップルはiTunes日本語版の無償ダウンロード提供を開始しました。

当時はmp3変換ソフトがたくさんあり、私もその中のいくつかをWindowsやMacで使っていました。アップルから無償で提供されるとソフトメーカーは困るだろうな、などと思いながらiTunesをダウンロードして使ってみました。

少し使ってみて「これは凄いソフトだ!」と思いました。
しかし、何が凄いのかすぐには分かりませんでした。特に目新しい機能があるわけではなく、既存の幾つかの機能を一つのアプリケーションにまとめているだけといってもいいソフトでした。

MacのCDドライブに音楽CDを入れたら、自動的にCDDBにアクセスしてアルバム名と曲名を取得して、ボタン一つでmp3ファイルに変換する。
取り込んだ音楽ファイルをジャンル、アーティスト名、アルバム名で選択したり、プレイリストを作ったりして再生できる。
それを分かりやすいインターフェイスにまとめているソフト、それがiTunesでした。

なぜ、iTunesを少し使ってみて凄いと感じたかと考えると、それはこのソフトがライフスタイルを変える、世界を変えるソフトだと感じたからだと思います。直感的に「音楽を聴く」スタイルを変えてしまう可能性があると感じました。

その後iTunesはバージョンアップによって、確実に進化してきました。
その中でも大きなものは、
2001年11月、iTunes2でのiPodへの対応、
2003年4月、iTunes4でのiTunes Music Storeへの対応、
2003年10月、iTunes for Windowsの提供開始、
の3点でしょうか。

それぞれ、大変重要な意味を持っていますが、まずはiPodから話を始めます。

(続く)

|

« 明日PowerMacG4が引き取られます | Main | 柔道は感動するけど、競泳はそうでもないのはなぜだろう? »

Comments

今iPodが大人気みたいですが、iPod自体の操作性以上にiTunesとの組み合わせによるメリットってのが大きいですよね。
iPhotoもそうですが、Appleの操作性へのこだわり、オペレーションデザインのセンスには頭が下がります。(でもiPhotoで画像大量に溜め込んだ後のレスポンス低下はなんとかして(^^;)

続き期待してます!

Posted by: mits | August 17, 2004 10:28 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界を変えたソフトウェアとハードウェア その1:

« 明日PowerMacG4が引き取られます | Main | 柔道は感動するけど、競泳はそうでもないのはなぜだろう? »