« サイボーグ技術が人類を変える | Main | 楽器フェア2005 その2 »

November 06, 2005

楽器フェア2005 その1

楽器フェア2005に行ってきました。

おそらく10年ぶりかなと思いますが、結構大きなフェアになってました。

全体的にもっとデジタル系が多いかと思いましたが、そうでもなかったです。そういうフェアみたいです。

KORGのOASYSを始めてみましたが、オールインワンもここまできたかという感じです。これはコンピューターですね。コルグの集大成ともいえる。
コンピューターでやらずにOASYSを使うメリットは何か?と聞くと、専用機ならではの安定性と俊敏性だとか。確かに、Macだと立ち上がるまでに時間がかかるし、環境のメンテナンスも必要なのは分かりますが、その分、なんにでも使える自由はあるので、難しいところです。でも値段を聞いて、まだまだだと思いました。80万円だそうで。

RolandのVJ専用機の説明員にも、コンピューターでやらずに専用機を使うメリットを聞きましたが、やっぱりコンピューターでは性能的に専用機にはかてない、だとか。操作性もあるでしょうし。
motion dive専用コントローラーが出ていました。これは絶対必要ですね。motion diveをマウスとMacのキーボードだけで操作するのはどう考えても無理。

私はだいぶ前に、すべてをMacに集約するという方針にしたので、どんどんラックがすかすかになっていっていますが、コンピューター以外という選択肢もまだ頑張ってる人はいるんだなと思いました。

|

« サイボーグ技術が人類を変える | Main | 楽器フェア2005 その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 楽器フェア2005 その1:

« サイボーグ技術が人類を変える | Main | 楽器フェア2005 その2 »