« ロックフジヤマ 近田春夫 | Main | オーディオショウまとめ »

October 21, 2006

2006東京インターナショナルオーディオショウ

東京国際フォーラムのガラス棟で開催されているインターナショナルオーディオショウに行ってきました。

先々週のハイエンドショウに比べるとかなり大きな感じ。海外ブランドのショウなので外人さんもけっこう居ますね。

ちゃんとしたセットでB&W 800Dで弦を聴くと、本物より生々しい音がします。POPSも録音状態の良い悪いが凄く分かります。40周年記念モデル、シグネチャーダイヤモンドはなかなかキレのいい音がしました。低音がないけど個人ユースには良いんじゃないかと思います。かなり高そうですが。実際に設計した外人さんが説明していて、なかなか興味深い体験でした。

タンノイ、JBL、DYNAUDIOなどなど音の違いが確認できました。ピーターバラカンは客が一杯で入れませんでした。その他、評論家が講演しています。それなりに良いこと言ってます。

かなり沢山のものが試聴できるので無料ショウとしては良いと思いますが、もうちょっと人が少ないと良いですね。

それからガラス棟に初めて入りましたが、ちょっとデザイン頑張りすぎですね。もうちょっと効率的に空間を使えばもっと広くなるのに。ラファエリ・ヴィニオリのデザインらしいです。今調べました。

|

« ロックフジヤマ 近田春夫 | Main | オーディオショウまとめ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ロックフジヤマ 近田春夫 | Main | オーディオショウまとめ »