« October 2006 | Main | December 2006 »

November 25, 2006

『中村澄子が教える TOEICテスト スコアアップ131のヒント』

を買いました。この人の本は4冊目です。

内容はどこかで聞いた話が多いですが、総集編のような感じでしょうか。

なかなか合理的な考え方で良いと思います。まあ、立ち読みで良いかもしれません。

パート別の解説が新TOEIC対象なので、その辺は流して読みました。私の場合はもう一回旧TOEICで受けないといけませんので。

この本の影響で、公式問題集に重点を移しつつあります。

| | Comments (0)

November 22, 2006

『英会話学校に行かない人ほど、うまくなる』

という本が出てます。タイトルがなかなか上手いので手にとってみましたが、結構面白かったです。

良いところをついてるなと思う箇所が多いです。Timeはインテリ向けで難しいから読むな、とか。
色々なところにけんか売ってるのもなかなか面白い。

が、まあ立ち読みで十分な感じもしますね。

と言いつつ、私はこの本に影響されて早速、オーディオ・ブックを買っちゃいましたが。

| | Comments (0)

November 20, 2006

アルク

11月からまたTOEICマラソンをやってます。

なんとか2週間目のWeekend TOEICが終わりました。時間を確保するのが大変。

レベルがちょっとあってないような気もします。教材の前提としている知識が、今の私にはない、感じが。

いや、そんな言い訳はしない。
やるぞ、考える前に。

| | Comments (0)

November 17, 2006

Embedded Technology 2006

今年も、パシフィコ横浜で開催されているET2006に行ってきました。

去年の続きのパネルディスカッション「アジャイル手法は組込みシステム開発に使えるかPart2」を聞くためです。

事例紹介に時間を多く割いていましたが、もうちょっと平鍋氏や田丸氏の話が聞きたかったです。

色々といい話は聞けました。

| | Comments (0)

November 12, 2006

Sound Studio 3

音楽ファイルのmp3化は、LOGICというなじみのツールを使っているのですが、いまいち融通が利かない。

そこで、色々と調べてみると、Sound Studioというソフトが良いらしい。
早速使ってみると、用途にピッタリ。早く見つけておけばよかった。というか、かなり昔(OS9時代)には使ってたみたい。憶えてないけど。

9、300円の価値はありますね。かなり作業効率が上がりました。

手動でのアートワーク整備もかなり進んでいます。

| | Comments (0)

November 11, 2006

ハードディスクのバックアップ

しばらくバックアップを取っていなかったので、少し気合い入れて実施しました。

まず、元のフォルダを整理。次にバックアップソフトを探す。そして外部FireWireHDDにバックアップ実施。

ユーザーフォルダ全部を対象にしたので、95GBぐらい転送するので、かなり時間が掛かりました。

バックアップソフトはSilverKeeperというもの。フリーにしてはちゃんとしてるみたい。日本語のフリーソフトは途中でフリーズするので、止めました。

昔のファイルを整理してたら、懐かしい気分にひたったりしつつ時間が掛かって作業終了。

| | Comments (0)

November 05, 2006

テープ音源のiTunesへの取り込み

作業を進めた連休でした。

47アルバム、2.8GB分のmp3ファイルがiTunesに追加されました。古い音楽は良いですね。
何度もやってると、変換ノウハウがたまっていきます。

知らぬ間にアートワークが張り付いていますね。ちょっと怖い感じ。

| | Comments (0)

November 04, 2006

ロックフジヤマ ケリー・キング

なんとスレイヤーのケリー・キングがゲスト。今回は大ヒットの回でした。こんな回があるので録画が必須なんですよね。

ケリー・キングの高速リフは独特で良かったです。初めてこんな人だったのかと、キャラクターを知りました。

久しぶりに、昔テープでとっていたスレイヤーをmp3化して聴いてます。私がリアルタイムでよく聴いたのは、Seasons in the Abyssなんですよね。う〜ん、懐かしい。

ついでにAnthraxとかもたくさん、mp3化しました。今、スラッシュメタルがプチマイブームです。

| | Comments (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »