« ESEC 2008 | Main | 『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一 »

May 17, 2008

『父親たちの星条旗』 75点

硫黄島の戦いを、クリント・イーストウッド監督がアメリカ側の視点から描いた戦争ドラマ。

予想以上に面白かった。アメリカ映画らしくなく内容が複雑で深いです。

映画見ながらこれってどこまで事実なんだろう、と思いましたが、ちょっと調べるとかなり史実にもとづいているみたいですね。

戦争映画苦手な人も見るべきでしょうね。

|

« ESEC 2008 | Main | 『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ESEC 2008 | Main | 『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一 »