« April 2008 | Main | June 2008 »

May 31, 2008

咳喘息 経過

5日間ほど薬を飲んでみましたが、結果は微妙でした。
症状は60%ほどに治まりましたが、まだ完治は遠そうです。

まだ、吸入する薬が20回分くらい残ってるので、こいつに期待します。

| | Comments (0)

May 26, 2008

咳喘息

3月末に風邪をひいて、風邪はすぐ治ったのですが咳が止まりません。
2ヶ月近くも続いているのでひょっとして重大な病気では、と思い病院に行ってみましたが、「せきぜんそく」と診断されました。

肺のレントゲンはきれいでした。

内服薬と吸引するタイプの薬を処方されました。

薬メモ:
キプレス錠10
ジスロマック錠250mg
アドエア250ディスカス

| | Comments (2)

May 24, 2008

腕時計

Lcw_100tdj_1ajf腕時計を新しくしてみた。カシオLINEAGE LCW-100TDJ。

今まで使っていた物の不満は、
・厚い
・日に当ててないと電池がすぐ切れる
なんですが、一つ目は軽くクリアしました。二つ目も大丈夫そう。
かなり究極の腕時計ですね。

久々に針が動く時計ですが、やっぱりこっちの方が良いですね。

| | Comments (3)

May 21, 2008

『「仕組み」仕事術』 泉正人

本の値段:1365円
評価価値:500円

立ち読みして、けっこう自分の考え方と似てるなぁと思って買ってみたモノの、特に新しい気づきはなかったですね。

良いこと言ってるとは思いますが、内容が薄すぎます。本にするレベルではないです。
電車の中とかでさらっと読む本ですね。

やっぱり平積みの本は要注意です。

| | Comments (0)

May 20, 2008

『生物と無生物のあいだ』 福岡伸一

本の値段:777円
評価価値:4000円

凄い面白かった、そして勉強になります。初めて知ったことも多かったです。

この人、ただ者じゃないな。
一回読んだだけでは理解しけれてないのでもう一回読まないと、という気にさせてくれます。

平積みされているモノの中にも良い本はありますね。早く手に取っておけば良かったです。

| | Comments (0)

May 17, 2008

『父親たちの星条旗』 75点

硫黄島の戦いを、クリント・イーストウッド監督がアメリカ側の視点から描いた戦争ドラマ。

予想以上に面白かった。アメリカ映画らしくなく内容が複雑で深いです。

映画見ながらこれってどこまで事実なんだろう、と思いましたが、ちょっと調べるとかなり史実にもとづいているみたいですね。

戦争映画苦手な人も見るべきでしょうね。

| | Comments (0)

May 16, 2008

ESEC 2008

今年も組込みシステム開発技術展にビックサイトに行ってきました。いろんな専門展も今年はかなり回りました。つかれた。

有料セミナーは、手違いがあってちょっと焦りました。相変わらず有料にするのは厳しい内容でした。自腹だったら怒ってそう。

プロダクトライン開発が普及してきてるみたいです。

| | Comments (0)

May 15, 2008

BELDEN 8412

0514beldenラインケーブル購入しました。ケーブルはベルデン8412、コネクターはノイトリック金メッキフォン。
4m×2本=1万円
75cm×2本=5千円

Macのオーディオインターフェイスとミキサー間、ミキサーとモニタースピーカー間を交換しました。元々使っていたケーブルがかなりいい加減なものだったので、予想通りかなり音が改善されました。
普段の生活ではiTunesで音楽を聴くことも多いので効果が大きいです。

ここ一ヶ月でかなりケーブルの見直しを行いましたが、予想以上に変わりました。
今はCDプレイヤーとアンプ間がPRISM 8Nケーブルですが、これもベルデンに変えてみようかなぁ。

| | Comments (0)

May 13, 2008

さらに電源ケーブル

0513CDプレイヤー用に電源ケーブル追加購入です。
透明感が尋常じゃないです。
いろんなCDを聴いてるうちに一日が終わる。

最近のオーディオ試聴用CD
The road to you/Pat Metheny
smile/宮本笑里
Alive in America/Steely Dan
Silver Rain/Marcus Miller
Right here,right now/Van Halen
その他一杯

| | Comments (0)

May 11, 2008

ハイエンドショウ トウキョウ2008春

今年も有楽町に行ってきました。

トライオードブースで前園さんが話していました。カレーはブレンドが大事なようにケーブルもブレンドが重要らしいです。Zonotoneは最近は量販店で普通に手にはいるし、かなり一般に知られるようになりました。見た目は気に入っています。

ファオンの太鼓みたいな形のスピーカーは箱が鳴りすぎていてボワボワいってました。

六本木工学研究所ブースでパークオーディオの社長が登場して、話題のウッドコーンユニットを紹介していました。ビクターのウッドコーンとは見た目が全然違います。音はウッドらしい優しい感じですかね。私にはケブラーコーンの方が良いです。SEASユニットも含めてやっぱり個人宅で聴くにはここRITのオリジナルキットが良いのではないかと思います。

完実電気ブースではPS Audioの電源装置のデモでモニターオーディオ PL-100が聴けました。どうもトールボーイのPL-300の方がまとまりが良い感じ。

REQSTのDAC(40万円)をヘッドフォンで比較試聴しましたが、違いが分かりませんでした。「微妙ですね」というと、「スピーカーだと分かりやすいんですが」と言われました。そうやってデモしてください。

さて、デジタルドメインブース。今回はここが目玉かな。
名前を書くとMJの最新号(6月号)が貰えました。MJ 5月号はデジタルドメインのアンプが表紙でしたが、その記事の冊子もついてます。
Karissimaという同軸スピーカーのデモをやっていましたが、凄い音でした。が、大きな音が出せない環境だと難しそうです。デジタルドメイン全体がそんな感じで、富裕層向けってイメージがありますね。でも、今回のブースでイメージは良くなりました。

今回もクジが当たって、逸品館で3P-2P電源アダプタをもらいました。丁度良かったので今使っています。

| | Comments (0)

May 09, 2008

『iPhoneが日本に上陸する日』 山根康宏

本の値段:1554円
評価価値:1500円

世界の携帯電話事情の概要をさらっと知るには、まあ良い本だと思います。

はじめの方に、iPhoneの説明もありますが、Webで仕様を確認すればすむ内容だったり、同じ事を繰り返していたりあんまりまじめに読む本ではない感じです。

まあ、最初からそんなものだと思って買ったので特に損をした気はしないです。

| | Comments (0)

May 06, 2008

電源ケーブル、電源タップ

0506boxなにかと話題のPro Cableで電源ケーブル(7,000円)と電源タップ(12,000円)を購入しました。

プラグはマリンコ製ホスピタル、ケーブルはベルデン製です。
シールドボックス、メスプラグは松下製です。

不思議なもので定位の改善だけじゃなく、中高音がより綺麗になりました。
もうひといきでスピーカーが消せそうです。

新たなインシュレーターも導入しましたが、この効果はよく分かりません。
問題はそこじゃなかったみたいです。

| | Comments (0)

May 05, 2008

『イースター・パレード』 70点

1948年公開、フレッド・アステアが踊りまくる、ミュージカル映画。

立川談志が薦めていたので、軽く見てみました。

やっぱり凄かったですね。素晴らしい、普遍的な良さがあります。

ストーリーはまったくひねりがないですが、まあそんなことはどうでもいいのでしょう。

| | Comments (2)

May 03, 2008

『続 オーディオ常識のウソ・マコト』 千葉憲昭

本の値段:987円
評価価値:2000円

こういった本には珍しく、えらく具体的な内容の本でした。

Windowsのフリーソフトの使い方とか、3年後には無意味になりそうな内容なんかもガンガンはいっていて、個人的には好感を持ちました。

全体的には網羅性などは全く考えてなく、筆者の興味があるところ、得意なところをとりとめとなく書いた感じです。

久々のブルーバックスですが、なかなか面白かったです。

| | Comments (0)

May 02, 2008

『精神科医は信用できるか』 和田秀樹

本の値段:777円
評価価値:1000円

信用できない、と日頃思うことが多いので本屋で手に取ってみました。
なぜ、信用できないと思うかがなんとなく分かりました。

内容は偏っていたり、不必要に専門的すぎたりしますが、まあ面白いです。新しい気づきもあります。

この人お得意の、強引な理論展開もやっぱりあります。思いこみが激しいのでしょうね。

メディアリテラシーって重要だなと思いながら読み終わりました。

| | Comments (0)

May 01, 2008

『オタクはすでに死んでいる』 岡田斗司夫

本の値段:714円
評価価値:200円

新幹線に乗る前に品川駅で面白そうかなと思って買って、名古屋に着く前には読み終わりました。その程度の内容でした。

前書きを読むと期待させるのに、中身はほとんどありません。イベントで話した内容だそうですが、あんまり安易に書籍にするのはどうかと思います。

筆者も年を取ったんだな、という感想が一番です。基本的な論理矛盾が気になって、あんまりまじめに読む気にならなかったです。

| | Comments (3)

« April 2008 | Main | June 2008 »