« 新しいMacBook Airについて | Main | Twitter Client »

November 21, 2010

『トレードオフ―上質をとるか、手軽をとるか』 ケビン・メイニー

本の値段:1800円
評価価値:2300円

上質=愛されること  =経験+オーラ+個性
手軽=必要とされること=入手しやすさ+安さ
どちらかを選択しなければならない、両方を求めるのは幻影
それぞれの軸も絶えず競争が繰り返され、気を抜くと無法地帯に入ってしまう

なかなか面白いコンセプトだと思います。
実例が多くて読み物としても面白いと思います。

上質と手軽という軸設定が肝で、よく言われる品質/機能と価格のバランスと似てるようで全然ちがう。どちらかを極めないと成功しないとこの本では言います。
原本をみると上質はFidelityで、手軽はConvenienceです。上質はうまく訳してますね。

なんかちょっと強引な話も多いなぁとか思いながら最後まで読むと、解説で内田和成さんがうまくまとめてます。「視点としては面白いが実践で役立つレベルにまで洗練された概念ではない」
私も続編を期待します。

|

« 新しいMacBook Airについて | Main | Twitter Client »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 新しいMacBook Airについて | Main | Twitter Client »